【中学生】苦手な英語長文を克服するには

英語の長文を解くことに苦手意識はありませんか?勉強方や解き方にはコツがあります。

そして「長文問題=ラッキー問題」です!なぜなら、答えは全て文の中に書いてあるからです。

長文問題を得意にし、是非点数アップを狙いましょう!

悩みの段階別トレーニング方を大公開!

段階1 単語の意味がほとんどわからない

文法が苦手でも単語力があれば、文の内容がつかめます。

この段階のあなたは、単語を見てパッと意味がわかる訓練をしましょう。

★おすすめトレーニング★

  1. 単語帳を作る(表:英語、裏:日本語)
  2. 言えたカードはどんどん外す
  3. 減っていくことを達成感にし、コツコツ続けることが大切

段階2 特に長い一文を読んでると意味がわからなくなる

この段階のあなたは「区切って前から訳すトレーニング」です。下の文の日本語を考えてみてください。
例) I went shopping at AEON with my mother yesterday because I wanted a new bag.

いかがでしょうか?

上を読む時に「私は新しいバッグを買うために、昨日お母さんと一緒にイオンに行った。」と頭の中でキレイに訳していませんか?

それでは、無意識に文中を行ったり来たりしながから訳しているので、時間がかかる上、訳がわからなくなりがちです。

★おすすめトレーニング★

英語的な思考で文を読むトレーニングをしましょう。

やり方は、下のように前から区切って意味を理解します。

I went shopping /買い物に行った/at AEON /イオンへ/with my mother /お母さんと/yesterday /昨日/because /理由がくるな/I wanted /私は欲しかった/a new bag/新しいカバンが/

この方法で最後まで読んだら、また戻ってキレイな日本語訳にすることは我慢しましょう。

なぜなら、これで意味は十分理解できているからです。

この読み方で意識的に読む練習をしましょう。長文読解がぐっと速くなりますよ。

段階3 学校の試験では点が取れているのに、模試や入試になると極端に点が取れなくなる

この段階のあなたは、英語を理解できる力は十分にあります。

しかし、反復トレーニングが不十分です。

つまり、学校の試験で詰め込み学習をして、忘れてしまっているパターンです。

しかし、一度きちんと勉強しているので、思い出すのは簡単です。

★おすすめトレーニング★

模試や入試前の勉強として、学校のテストをもう一度解く!

学校のテストは、数ヶ月かけて授業で教えたことを約50分間で解けるようにギュッと詰め込んだ、最高の教材です。

年間5回テストがあったとすれば、約4時間程度で1年の総復習ができます。

あとは、間違えた所をおさらいするだけ。学校のテストは最高の教材ですから、整理して残しておきましょう。

段階4 後からゆっくり見ればちゃんとわかるのに、テストだと時間が足りない

英語力はあるので、読むスピードを上げる必要があります。評定4→5を狙っていたり、5をキープしたい人向けです。

★おすすめトレーニング★

高速で音読をする練習です。

いかに速く読めるか、楽しんでトレーニングして下さい。

これは、リスニング力もアップします。

ただし、読む英文は「意味の分かっている文」でないと効果がありません。

いかがでしたか?

長文問題=ラッキー問題です。

自分の段階に合った勉強方法をしっかりやってみれば、ぐっと解きやすくなるはず。長文問題を得意にし、点数アップを狙いましょう!

スポンサーリンク
勉強/受験
desafianteをフォローする
個別指導塾Wam

★Wamが選ばれる3つの理由★

  1. 常に最高品質の個別指導を提供しつづけたい。そのような想いから学歴や知識だけでなく人間性や責任感など多岐にわたる採用基準で講師を選抜しています。
  2. これまで多くの方に成績アップを実感いただいてきたという自信から、そして何よりお子様の努力が必ず結果に繋がってほしいという強い思いから、「成績保証」制度を実施しています。
  3. これまで以上にお子様に最適化された個別指導で、AIがお子様の弱点を分析し、1問ずつ自動で出題を調整するため、従来の個別指導よりはるかにきめ細やかな個別指導を実現します。
ぷりんと保管庫

コメント