2020-2021東京都高校入試の日程

例年ならほぼこういう日程になるのですが、今年はコロナの影響で変則的な動きになるかも知れません。教育委員会や各高校のHPを必ずチェックしてください。

あと、リーマンショックの年に都立が高倍率になったことがあります。

近年は私立人気で都立は倍率が下がっていました。

しかし今年は社会の経済状況等によっては一転、都立は高倍率の厳しい入試になるかも知れません

東京都内 高校入試日程

東京都の都立、私立高校を中心にした入試の流れの解説ページです。

データはこの記事を書いている令和2年(2020年)6月24日時点のものです。

全ての情報が出揃っていないので、2020年入試と2021年入試の情報が混在しています。

例年、秋には全ての情報が出るので、確認でき次第更新します。

この記事は大まかな入試の流れをイメージしてもらえるよう作ってあります。

細かい各日程は必ずご自身でも公式のものをご確認ください。万が一当サイトのデータに誤りがあっても自己責任でお願いします。

大まかな流れ

特に大事なところは赤色にしてあります。

1 10月下旬

11月上旬
中学校担任との面談
2 11月中旬

11月下旬
2学期 期末試験
3 11月下旬

12月上旬
三者面談
4 12月中旬 入試相談
5 1/22 私立 推薦入試
6 1/26,27 都立 推薦入試
7 2/5,8 都立 一般入試出願
8 2/10~12 私立一般入試
9 2/13 国立一般入試
10 2/12,13 都立志願変更
11 2/15 都立産業技術高専入試
12 2/17 国立東京高専入試
13 2/21 都立一般入試

1.中学担任との面談

概ね10月下旬~11月上旬に行われる。

ここである程度の志望校、併願校についての相談をする。

2.2学期期末試験

概ね11月中旬~下旬に実施。

3.仮内申判明と三者面談

ここでは個々に説明をしておく。

仮内申判明

仮内申とは、その名のとおり「高校に提出する内申」の仮のもの。よほど何か(不祥事等)がない限り、この数値がそのまま2学期の成績、高校に提出する成績となる。

なお、仮内申の家庭への通達時期や方法は、中学校によってばらばら。

仮内申の通達時期

①か②のどちらかのパターンになる。

①2学期期末試験終了後1週間程度で生徒へ伝えられる。
or
②三者面談の場で伝えられる。

三者面談

仮内申を元に具体的な受験校を決める。

特に推薦を受けるか、併願校をどこにするかの相談がメインとなる。

出来れば三者面談までに家庭内である程度の受験プランは考えておきたい。

私立の推薦や併願校はその場で決める必要はないが、下記の「4.入試相談」の前には決めて、担任に伝える必要がある。

なお、併願については「併願優遇」と「加点優遇」の2種類があるので注意が必要。

4.入試相談

中学校の先生と高校の先生との相談。

ここで各受験生の内申等を確認し、推薦や併願の正式な許可がもらえる。

生徒や保護者は直接関係ないが、私立の推薦・単願・併願を希望する場合は、この入試相談の前にその旨を担任に伝えなければならない。

5.私立推薦入試

出願:1/15or16
試験:1/22
発表:1/22or23
手続:1/24のところが多い

入試は作文+面接の学校が多い。
一部難関校を除き、受ければ大体受かる。

6.都立推薦入試

6/11に東京都教育委員会より「令和3年度入学者選抜の日程」が発表になった。

出願:1/22
試験:1/26,27
発表:2/2

合否は、評定・作文(小論文)・面接で判定。

7.都立一般入試出願

6/11に東京都教育委員会より「令和3年度入学者選抜の日程」が発表になった。

出願日:2/5,8

2/5,8に東京都教育委員会や新聞等で、出願校の倍率は確認しましょう。

出願校とその他検討校の倍率、子どもの成績と実力を総合的に考えて、受検校を変更(志願変更。詳細は後述)するかどうか判断します。

8.私立一般入試

出願日:学校による

試験日:2/10,11,12

合格発表:当日or翌日が多い

出願についてはインターネット出願の学校がかなり多くなってきましたね。

中学で撮る証明写真もデータでもらえるし。時代を感じる……。

試験は英数国の3教科(+面接)が多い。フリー・単願・併願の人も全員同じ問題を解きます。

併願ですが、併願と一口で言っても「併願優遇」と「加点優遇」は違うということは認識しておきましょう。

「加点優遇」は不合格の可能性が多少あるので、「併願優遇校」も受験することをお勧めします。

私立の結果によって都立受検校を変える(志願変更する)家庭もたまにありますね。

「いい私立に受かった→都立も強気にチャレンジ」、「満足できる私立に受からなかった→ならば都立は確実に受かるところで」とか。

9.国立一般入試

*6/23現在、学校からのR3年度の情報が未発表のため、昨年度のデータです。

筑波大附属、東京学芸大附属、お茶の水女子大の受験です。

出願日:学校による
試験日:2/13
合格発表:2/15~17のどこか

10.都立志願変更期間

倍率や私立の結果を待って必要ならば、都立の受検校を変更します。

*6/23現在、志願変更についてR3年度の情報が未発表のため、昨年度のデータです。

取下げ:2/12→2/5に願書を提出した高校に行きます。願書を返してもらいます。

再提出:2/13→前日に返してもらった願書を受けたい高校に提出。

これ以降は受検校の変更はできません。

11.都立産業技術高専一次

産業高専の入試です。ごくたまに、産業高専と東京高専の両方を受ける子がいます。

*令和2年度のものです。

出願日:2/5,6
試験日:2/14
合格発表:2/19

*推薦入試については各自でお調べ下さい。

12.国立東京高専学力検査

*データは令和2年度入試のもの。

出願:1/27~1/31
試験:2/16
発表:2/20

試験科目は英数国理の4教科。

*推薦入試については各自でお調べ下さい。

13.都立一般入試

令和3年度(2021年2月入試)のものです。

出願日:2/5,8
試験日:2/21
合格発表:3/2

試験は国数英社理の5科。

【試験時間割】

集合 8:30
国語 9:00-9:50
数学 10:10-11:00
英語 11:20-12:10
昼食
社会 13:10-14:00
理科 14:20-15:10

英語は最初の10分はリスニング。

なお、現中学1年生の代から英語のスピーキングテスト導入が予定されています。

>幼児から大学受験まで【通信教育のZ会】

幼児から大学受験まで【通信教育のZ会】

幼児教育から大学受験まで、幅広いお子さまを対象に教材を提供しています。「考える力」をはぐくみ、基礎の把握から発展的な内容まで段階的に学習できます。中高一貫受検や大学受験での高い合格率を誇るZ会の教材をぜひ体験してみてください。

CTR IMG