【小学生】塾講師の考える「こんな家庭学習をやってほしい」#国語編

「国語の勉強は何をすればいいのかわかりません・・・」

小学生のみならず国語の勉強はやり方自体わからないという生徒が多いのではないでしょうか。

・本を読む?
・漢字を覚える?
・問題をたくさん解く?

 

塾の授業では・・・

・読解の仕方
・記述問題の解き方
・選択問題の解き方
・文法問題の解き方

など問題を解答する際の考え方やテクニックを中心に指導します。

 

ではご家庭では何をしてほしいのでしょうか?

国語力を家庭学習でレベルアップするための勉強とは?

小学生がご家庭で勉強する際に国語でやってほしいことは語彙力をアップさせるための勉強です。

語彙力をアップさせることで

・語句問題の得点が上がる
・読解スピードが上がる
・読解の質が上がる
・記述問題の解答の質が上がる
・選択問題の解答の質が上がる

など国語の勉強をする上でこんなにも多くの成果を得る事が出来る勉強が語彙力アップの勉強です。

では実際に語彙力を上げるために何をすればいいのでしょうか?

語彙力アップをさせるためにやってほしい3ステップ

語彙力アップをするためにやってほしい事ですが、ただ単純に語彙を覚えるだけでは意味がありません。

しっかりとその新しく覚えた語彙を使って文章を書けるようにならないと意味がありません。

step1.読み方を覚える

step2.意味をしっかり理解する

step3.覚えた語彙で短文を5つ書く

この順番でやってみて下さい。

ステップ2に関してはしっかりと語彙の意味を覚える事が重要です。

親御さんが一緒に勉強をする際は他の言葉に言い換えてあげたり、教材にのっていない例文を1つか2つ作ってあげて言葉を深く理解させてあげて下さい。

最後に例文を作る際ですが出来れば5つ作らせて下さい。

1つや2つは簡単にできるのですが、3つ以上となると大変です。

もし2つしか作れなければステップ2に戻って言葉の理解を深めさせて下さい。

どうしても進めない場合は次の語句に進んでいいですが、最低3つは作らせて下さい。

語彙力アップの為に使用する教材の選び方

語彙力はどの生徒もある程度のレベルまではあります。

どの程度のレベルか基準を決める方法はいくつもありますが、わかりやすく偏差値で決める方法を紹介します。

【全国模試や塾の偏差値】
・60以上
→現学年の語彙の問題集

・55~60
→現学年か一つ下の学年の語彙の問題集

・50~55
→一つ下と二つ下の学年の語彙の問題集

・50以下
→二つ下の学年かそれ以下の学年の語彙の問題集

この数字を参考にして語彙力アップを目指してみて下さい。

「そんな下の学年の語彙は覚えている」と思うかもしれませんが、意外と使いこなすことが出来ない生徒が多いです。

もしやってみてどの語彙を使った例文も5つ作れないとなった場合は偏差値に関係なく、もう一つ下の学年の語彙の問題集で勉強をさせてみて下さい。

語彙力アップは国語力アップだけでなく、全体の学力の底上げにもつながりますので、ぜひやってみて下さいね。

語彙力UP→国語力UP→学力全体がUPします。効果や結果が実感しにくい学習ですが、地道に努力することは間違いなくプラスになるはずです。

 

>幼児から大学受験まで【通信教育のZ会】

幼児から大学受験まで【通信教育のZ会】

幼児教育から大学受験まで、幅広いお子さまを対象に教材を提供しています。「考える力」をはぐくみ、基礎の把握から発展的な内容まで段階的に学習できます。中高一貫受検や大学受験での高い合格率を誇るZ会の教材をぜひ体験してみてください。

CTR IMG