東京都受験生チャレンジ支援-塾代を支援してくれます

東京都受験生チャレンジ支援貸付事業

東京都には中3生、高3生を対象に塾の費用を貸し付けてくれる制度があります。

最大のメリットは進学すれば返済しなくてもいいこと。

まあ、支援を受けるには条件が結構あるのですが。

塾で働いていると毎年1割くらいの生徒がこの制度を利用していますね。

なんで、結構対象となる家庭は多い印象です。

<対象、貸付額>

  • 対象:中3生・高3生(またはこれに準ずる人=浪人生等)
  • 貸付限度額:20万円(上限)
  • 貸付対象となる塾:通信教育、塾、予備校等。
    ただし家庭教師は対象外

さらに受験料の貸付もあります。

<受験料の貸付額>

  • 中3生:27,400円(上限)
  • 高3生:80,000円(上限)

利用できる条件について

ただし利用できる条件があります。

主に、世帯収入・預貯金額・都内在住者かどうか を見られます。

詳しくは↓でご確認ください。
受験生チャレンジ支援貸付事業-東京都福祉保健局

 

自分のウチの近所にもNPO法人がやっている無料の塾があって、自治体でもボランティア家庭教師の派遣をしてくれたりもしています。

あまり教育費にお金をかけられないご家庭はこのようなサービスの利用を検討してみるのもいいかも知れません。

実際に利用された生徒、保護者の方の評判も悪くないです(ウチの地域は、ですが)。

 

長い間、塾業界にいるとどうしても経済的な理由で「勉強したくてもできない」子どもたちを多く目にします。

本当は5教科勉強したいの3教科に絞ったり、春期・夏期・冬期の各講習に参加しなかったり。

涙を流して「勉強したい」と言う子供と、「勉強させてあげたいけど、お金が出せない」保護者の間で我々は板挟みになります。

他の生徒との公平性を保たなきゃいけないんで、受講するなら授業料を請求し、支払いが難しいなら可能な範囲での受講を勧めるしかないんですが……。

色々調べてみて使える制度は利用し、目標実現のために学んでほしいと思います。

参考記事

>幼児から大学受験まで【通信教育のZ会】

幼児から大学受験まで【通信教育のZ会】

幼児教育から大学受験まで、幅広いお子さまを対象に教材を提供しています。「考える力」をはぐくみ、基礎の把握から発展的な内容まで段階的に学習できます。中高一貫受検や大学受験での高い合格率を誇るZ会の教材をぜひ体験してみてください。

CTR IMG