【中学生】英語で何とか評定3を取る、キープする学習法

 

desafiante

英語の成績が「2」になりそうって人は必見です。「3」が取れないと併願校が選べなくなります。

「定期テスト点数別の英語力アップの学習法」〜評定3をキープする方法〜

1. 知ってた?評定3は一番狙いやすい

皆さん、評定3は一番人数が多くて幅のあるグループって知ってましたか?

もちろん今は絶対評価ですから、100%そうだとは言い切れません。しかし、考えてみてください。

Aさん「2に近い3の人」
Bさん「3ど真ん中!な人」
Cさん「4に近い3の人」

この3人は全て「評定3」なのです。同じ評定でもAさんとCさんなんて、大きな差を感じてしまいますよね…。それくらい、評定3は一番幅のあるグループなのです。

また、あくまで目安ですが、全体の約40%の人が評定3なのです。多いでしょう?

だからこそ評定3は、実は一番狙いやすいのです。

2. ためない!すぐやる!コツコツ勉強が一番の必勝法!

人間には「短期記憶」と「長期記憶」があります。

覚えた直後であれば鮮明に覚えていますよね。

でも、繰り返さず放っておくと、脳が「使用頻度も少ないし、必要ないな!容量オーバーになるから忘れよう!」とすぐに忘れてしまうのです。これが短期記憶。

ですから覚えたいほど長期記憶にしましょう。

ポイントは、

・とにかく詰め込むのではなく、きちんと理解し丁寧に学習する
・授業で習ったことをすぐ復習する
・間違った部分は正解するまで繰り返す

このポイントを抑えれば、忘れにくくなり定着します。

3. あなたへのおすすめの学習法

☆必勝法・単語は自分でテストする!

【ノートを使った単語テスト例】
※この方法は見開き2ページで単語テストも練習も効率よくできます。

  1. ノートを見開きで開く
  2. 左側ページの左はしに単語の「日本語意味」を縦に書く
  3. 「日本語意味」の右側に縦線を引く
  4. ページをめくり、3の幅で折り返し、折り目をつける
  5.  3と4の線の間に単語を20回ずつ練習
  6. もう一度4をし、折り返した部分に英語がかけるかテストする
  7. 間違えたら、その単語だけ2に戻し、間違いがなくなれば終了

 

☆必勝法・文法が理解できたかどうかは、問題を解いて初めて分かる!

【学校で貰った問題集を使った例】

  1.  学校で貰った演習問題やワークを用意
    ※ない場合は、本屋さんで学校の内容に沿った演習問題を買ってもOKです。
  2. ノートに解く
  3.  丸つけをしたら、問題番号に印を付けよう
    正解→×(もうやらなくて良い)
    間違い→○(間違うほど○が増える仕組み)
    わからない問題→☆印をして、学校などで聞きましょう
  4.  少し置いて、○の問題のみやろう
  5.  全てが×になるまで2〜4をコツコツ繰り返そう

◎ポイント1…苦手な問題ほど○が多く付くので「一目で苦手がわかる自分だけのワーク」ができます!テスト前は○が多いものを解き直したり、見ておきましょう。

◎ポイント2めずに、習ったその日に取り組もう!根気よく続ければ、必ず点数はアップします!

いかがでしたか?評定3をキープする方法。

コツコツと努力していることは、ゆっくりでも必ず身につきます。あなたの成功を心から応援していますよ。

  • ためないですぐやる!
  • 単語は必ず覚える
  • 文法は必ず問題を解いて、理解できているかをチェック
desafiante
みんな頑張れ!
>幼児から大学受験まで【通信教育のZ会】

幼児から大学受験まで【通信教育のZ会】

幼児教育から大学受験まで、幅広いお子さまを対象に教材を提供しています。「考える力」をはぐくみ、基礎の把握から発展的な内容まで段階的に学習できます。中高一貫受検や大学受験での高い合格率を誇るZ会の教材をぜひ体験してみてください。

CTR IMG