休校措置でウチの子がやっていること

desafiante
たまにはゆる~い日記を書いてみます。

自分の住んでいる地域ではコロナ禍の影響で3月から学校が休校になっています。

学校によってはがっつり宿題が出ているとこもあるのですが、ウチの学校は極端に宿題が少ないです。

当然、親としては勉強面が心配になります。

今回はウチの子がやっているコトについて書いてみます。

みなさんはどんな自宅学習をしてるのかなあ・・・気になる。

上の子(新小5)がやっていること

ウチには新小1と新小5の子がいます。

まずは新小5の子がやっていることから書きます。

当然、学校の宿題はやっています。

それとは別に算数の計算をかっ飛ばしてやっています。

5年生になって、学校の授業は1回もないのですが、
早くも小5の計算は全て終わりました。
で、小6の計算も「小数と分数の割り算」まで来ているので、もうすぐ小学校の計算は全部終わります。

これは3月に一度休校措置が取られたときからかなりのペースでやっていたためです。

ハイペースで飛ばしていたので、現在は復習もやっていますが復習ももうすぐ終わります。

つまり5年内容はすでに2周したことになります。

もちろん、習っていないところの説明はしていましたが、基本的には市販のワークでどんどん計算練習をさせました。

また、100マスも結構やらせています。

普通の100マスは物足りないので2ケタ×1ケタをやらせています。

100ます計算-2ケタ×1ケタ

あとは時間だけはあるので賢くなる系のパズルをやってます。

賢くなるパズルの「たし算」「入門編」「基礎編」「てんびん初級」、あと「天才脳」が数冊あるのですが、ちょっと見当たりません(終了して処分したかも)。

結構買ってソコソコお金はかかっていますが、パズル系は本人が楽しんでいるので、まあしょうがないですかね。

たとえばKUMONに1ヶ月通うのには最低7,700円(1科目/月)かかるのですが、それだったらパズルドリルを10冊(合計7,000円)買ってあげたほうが長い目で考えたときに、効果は高いし成績もアップするんじゃないかと。

増進堂・受験研究社
¥825 (2022/10/07 05:05:06時点 Amazon調べ-詳細)

オススメは「てんびん」です。方程式の基本的な考え方が自然と身につきます。

あとは、視写、漢字、社会(各都道府県の特徴を覚える→近々プリントをサイトにUPできると思います)。

新小5の上の子がやっていることをまとめておきます。

  • 毎日9:00~16:00まで勉強
  • 視写
  • 百ます
  • 学校の宿題
  • 漢字ドリル
  • 小5,小6の計算
  • パズル
  • 社会

まあ、これくらいやっておけば学校の授業時間分は勉強できているんじゃないでしょうか。

5月以降も休校措置が続きそうなので、状況を見て自宅でできる教育プログラムを検討するかもしれません。

現在、考えているのはスタサプ(スタディ)です。全学年(小4~中3)までの授業動画が見放題なので、復習も予習もできそうなんで。

新小1のコがやっていること

新小1の子は保育園の卒園式も、小学校の入園式もコロナの影響でヒジョーにあっさりしたものでした。

式次第にあったほとんどが「割愛させていただきます」で終わりました。

卒園式は、保護者代表で「謝辞」を書いたのですがこれも当然カット。
結構熱量込めて書き、集英社で編集している教え子(超売れっ子作家さんの担当をしています)に原稿チェックを依頼し準備万端でしたが・・・まあしょうがないか。

閑話休題。

入学式もソコソコに、授業なんてものは1回もなく、とりあえずゴールデンウィークまで休みです。

で、家で何をやってるかというと「スマイルゼミ」で毎日勉強しています。

まずは字を書くときの正しい姿勢をチェック!

 

ひらがなの濁音を練習。
識字の精度もなかなかで不満は今のところありません。

 

足し算をやってます。当然解説動画もあります。

 

てんびんをやっているところ。将来、方程式を考えるときに役に立ちます。
あと、ピタゴラスイッチとか、サイコロなどの立体図形なんかもあります。
個人的にはここはオススメポイントです。
いわゆる「賢くなる系パズル」や「プログラミング的思考」が身につくプログラムが入ってます。

あとは英語なんかもいいです。
ネイティヴが発音しているので聞く力がつきそうです。
今は動物を表す単語を覚えてます。

[adcode]

で、何でスマイルゼミをやらせているのかって話です。

入会したの今年の1月です。

「そろそろ小学校入学の準備を」と考えていたわけですが、下のコは「勉強したくない」が口癖だったんです。

当時の下のコは、保育園から帰るなりswitchを取り出しすぐにマリオパーティーをやり始めるゲーマー。

保育園児(だった)ながら、かなりやり込んでいたので家族で一番上手いくらいでした。

で、ゲーム大好きで勉強嫌いなこの子でも前向きに取り組めそうなのは・・・と考えたときにタブレットを使ったプログラムだったんです。

ゲーム感覚で勉強してくれればいいなあと。

算数、国語、英語、時計や図形が入ってるのに料金が安い(月2,980円)ですし。
(KUMONも考えたけど、1科目7,700円は高い+送迎が大変だと判断)

また「タブレットはダメ、やっぱり勉強は紙でやらないと!」みたいな考えは自分にはありません。

どうせ、小学校でもICT教育が導入されます。
紙での勉強の必要性を感じたら本屋でワーク買えばいいわけで。

あと、全国の公立小学校の約8割で活用されている小学生向け学習・授業支援ソフト「ジャストスマイル」を開発するジャストシステムが作ってるのもあります。
(このサイトのプリントはジャストシステムの「一太郎」で作ってるという縁もある)。

まあ、何より入会してから3ヶ月が経ちましたが今のところ嫌がる感じもなくなく毎日自分からやってくれるのが一番いいとこです。

この休校期間も毎日午前中からやってくれているので親としては非常に助かります。

なんで、学校の宿題とこのスマイルゼミでソコソコ勉強時間は確保できているかと。

使ってみての感想としては、下のコみたいに“勉強嫌いな子”にも向いている学習プログラムかと思います。

また、マル付けは自動、解説動画もあれば間違った問題の解き直しも勝手に誘導してくれるし、その日の学習記録も確認できるので親はラクです。

自宅学習プログラムとしてオススメできます。


あとは、遊び用としてLEGOをamazonで買いました。

遊びながら、プログラミング的思考や空間認識能力とか身につくし、何より暇つぶしになるんで。

LEGOで遊ぶメリットについてはで以下の記事で詳しく述べているので参考してみてください。

大人気のおすすめ知育玩具3選!~3歳,4歳~

レゴ(LEGO)
¥34,800 (2022/10/07 05:05:06時点 Amazon調べ-詳細)

だいたいは新小1の下のコは、

午前中:スマイルゼミ+学校の宿題
午後からLEGO

みたいな毎日を送っています。

小学生になったばかりなので、上の子よりかはゆっくり勉強させていますね。

[adsense]

コメント