【早期教育】英語が話せる幼児教育とは?何歳から始めればいいの?

皆さんは今、英語教育が目まぐるしい変化を遂げていることをご存知でしょうか。

中学校におけるスピーキングテストの必須化や単語量の増量、小学校における英語教育の教科化などなど…。

それらを耳にするたび、幼児期においての英語教育の必要性を感じてしまいます。

今回は、英語が話せる幼児教育についてご紹介します。

英語教育は早い方が良い?

スタートは幼い時期ほど有力に思えるかもしれませんが、かと言って0歳から教える必要はありません。

バイリンガルを目指して0歳からというのも一時流行りましたが、バイリンガルを育てる際に最も大切なことな「母国語をきちんと身に付けさせること」です。

私が教師をしていた頃のはなしですが、早期に両方の言語を身に付けた中学生を受け持ったことがあります。

どちらの言語も一見話せるのですが、深い思考になると、どっちつかずになり「キレやすい子ども」「暴力的な子ども」になっていました。

人は深い思考も言語で処理しているため、それができないと混乱するのです。

何歳からスタートがベスト?

ベストは3歳からです。2歳代までは母国語を習得する時期です。きちんとまずは、日本語を習得しましょう。

英会話教材は必要?

幼児向けの通信教育や英会話スクールなども、ちまたでは無数に飛び交い、保護者をあおっているのも事実です。購入したり通うのには、総額にするとかなりの金額になってしまいます。

私も一児の母ですが、正直、幼児のうちはそこまで金額をかけるつもりはありません。

本格的な学問を学ぶのには、小学1年生からが適正年齢です。

つまり日本の教育がその時期からスタートするのは、実は理にかなっているのです。

幼児教育は何が必要?

幼児期に一番やってほしいのは、「フォニックス」です。

フォニックスは、英語園の子どもたちがアルファベットを学習する際に用いられるものです。最近やっと日本の英語教育でもメジャーになりました。

フォニックスを身に付ければ、日本人に多いカタカナ英語ではなくなり、初めて出会う単語も簡単に読めるようになります。

すると、英語への苦手意識がなくなります。

関連記事

desafiante フォニックスって何だ? 学生時代に英単語を覚えるのに苦労したことや、外国の方と英語で話してもカタカナ英語なせいで、上手く伝わらずガッカリした経験はありませんか? それは、英語学習において「フォ[…]

英語学習の年齢制限はないが、舌にはある

発音に関する舌の発達が完了するのは中学1年生頃です。

それを逃すと、正しい英語の発音がしたくても困難になります。

英語学習は何歳ではじめても身につくというデータがありますが、舌だけは違うのです。


/ディズニー英語システムの詳細はこちら\

家でできる幼児への英語教育とは?

親子で楽しんで学習することです。

フォニックスが自分で教えられない人は、NHKの子ども向け番組を一緒に見ながらでも教えられます。

あるいは、絵が可愛いフォニックス教材もあるので、本屋さんなどで子どもと一緒に選ぶのも楽しいです。

ポイントは「親子で楽しむこと」です。

一緒に身の回りの物を英語で言ってみたり、今日は英語デーにして、ジェスチャーを交えながら日常会話を英語にしたり…。

単語でも良いので、まずは親子で楽しんでやってみましょう。

英語は言語ですから、日常生活に根付いた場面でやるほど、身につきます。

日本語を知らない状態で、日常生活で全く使わず、黒板のある教室だけで使うことを想像してみて下さい。

話せるようになるのは難しいと思いませんか?言語を身に付けるのは、日常で使うことが一番大切なのです。

また、恐れずに英語を使おうとする親の姿を見て、子どもも「英語は怖くない」「身近で楽しいもの」と感じるのだと思います。

それが「英語が話せる子ども」を幼児期から育てる一番効果的なことだと思います。

英語が話せるには・・・

  • 始めるのは3歳から
  • 本格的には小学校入学後
  • 「フォニックス」がオススメ
  • 親子で楽しむ
desafiante
中学校での指導経験豊富な英語の先生からのアドバイスでした。ぜひ参考にしてみてください!
>幼児から大学受験まで【通信教育のZ会】

幼児から大学受験まで【通信教育のZ会】

幼児教育から大学受験まで、幅広いお子さまを対象に教材を提供しています。「考える力」をはぐくみ、基礎の把握から発展的な内容まで段階的に学習できます。中高一貫受検や大学受験での高い合格率を誇るZ会の教材をぜひ体験してみてください。

CTR IMG