「えんとつ町のプペル」を観ました

明けましておめでとうございます。

今年一年が皆様にとって喜び多いものになるよう願っております。

 

さて、昨春のことです。

当サイトの全ページで「映画えんとつ町のプペルを子どもたちにプレゼントしたい!」というクラウドファンディングのリンクを貼らせていただいた時期がありました。

毎日ちょっとずつリンクが押されていて、ご賛同いただいた方には感謝申し上げます。

 

この「えんとつ町のプペル」ですが、お笑いコンビのキングコング西野さんが作った映画になります。

¥2,200 (2021/01/25 15:59:39時点 Amazon調べ-詳細)

で、年末のクリスマスに映画が公開されたので、自分も行ってきました。

ここではその感想を。

あっ、ちなみに自分は西野さんのサロンメンバーでもないし、Youtubeの有料メンバーでもありません。

 

さて、映画を観た感想ですが、シンプルに言えば「とっても良かった」です。

家族で行ったので子どもたちに泣いているところを観られるのは恥ずかしい…ということで泣くのを必死に我慢していたのですが一人で行っていたら間違いなく泣いていたと思います。

 

ここでは映画の詳しい内容は省きます。

が、エンドロールで泣きそうになる映画は初めてでした。

(うちの妻も、二人の子どもも泣いていましたね)

「おしまい」と出て、拍手が起きた映画を観たのも初めてのことです。

終わって場内が明るくなっても、泣き崩れて立ち上がれない方もいましたね。

↓こちらはyoutubeで公開されているもの↓。劇場版とは異なります。

 

アニメーションのクオリティが高く、登場人物の動きがスゴくて、ジェットコースターに乗っているような感覚があって、歌もダンスも楽しくて子どもも楽しめると思います。

ですが、自分の夢の実現に向けて努力したことがある――――という大人にはかなり刺さる映画です。

夢を持てば笑われて
声を上げれば叩かれる

そんな経験がある人には刺さりまくりだと思います。

 

誰しもルビッチだった自分がいて、

誰かにとってのプペルだった自分がいて、

知らない間にアントニオになった自分がいて、

親としてブルーノやローラのようでありたいと願う自分がいて…。

観る人それぞれに自分の映し鏡のようなキャラがきっといるはずです。

「もっと頑張ろう」とか「もっと誰かを応援しよう」という気持ちにさせてくれるとっても素敵な映画でした。

オススメです。

>幼児から大学受験まで【通信教育のZ会】

幼児から大学受験まで【通信教育のZ会】

幼児教育から大学受験まで、幅広いお子さまを対象に教材を提供しています。「考える力」をはぐくみ、基礎の把握から発展的な内容まで段階的に学習できます。中高一貫受検や大学受験での高い合格率を誇るZ会の教材をぜひ体験してみてください。

CTR IMG