学習力育成テストの結果-5年2月

学習力育成テストの結果

2月22日(土)にあった学習力育成テストの結果です。

前週末に1泊2日でスキーに行っていたので、あまり復習の時間がとれなかったので、「点数的には厳しいだろうなあ」と予想していました。

「基本集計」と「受験種別集計」があるのですが、とりあえずは“基本集計”の結果です。

国語:36点(評価4)
算数:18点(評価3)
社会:28点(評価4)
理科:25点(評価3)

まあ、入塾2週間での結果なんで成績的にどうこうありません。

今やっている努力を継続するのみです。

結果を見るに「やはり文系かな?」と思われます。

友人からのアドバイス

昨日、ウチの子の状況を友人に話したところ

「算数に関してはたぶん数的感覚がないんじゃないか」

という意見をもらいました。

あとは、

「親が教えすぎると伸びないよ」

とも言われました。

これに関しては、

親が教えすぎる→子どもが自分で考えない→伸びない

ってことなので、友人の言っていることはよく理解できます。

もちろん、学力を伸ばすことが目的であるならば、宿題が全て終わらなくてもいいからある程度子ども任せにして「自分で考え学ぶチカラ」を身につけることも必要だと思います。

でも、ウエノコ自身が完璧主義的なところがあって、「宿題で答えが出せていないのは絶対イヤ!」というタイプ。

恐らく宿題がやりきれていないと「塾行きたくない」と言い出す可能性もあるんじゃないかと思います。

子どもに任せる部分と親がサポートする部分、このバランスに少し頭を悩ませそうです。

勉強苦手の子の親ってどうしてるのかなあ?

コメント